2ちゃん情報発信局

スポンサード リンク


アクセスランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント






アクセスランキング

中出しレイプ。日本史の女教師を強制的に妊娠させた。【閲覧注意】

ガチでオススメなサイトはここ↓
eb976546-s

1: 名無しさん@情報通

俺の過去で今はとても反省している一番嫌な思い出だ。高校時代のこと。今から15年前の話だ。 
俺の高校は進学校として県内でも有名な学校だった。今も変わらないようだ。 












俺も筑波大学目指してた。憧れの日本史の教師の○○先生が筑波大卒だったからなんだが。 
俺が高3になる直前のことだ。 
○○先生の日本史の授業を楽しみにしてた。事件起こすまでは俺はいたってふつうの真面目な生徒だったんだ。 
○○先生はモデル&女優の奈々緒に似てる美人だった。スタイルも奈々緒ほどではないが良かった。性格はまるで観音様。慈悲深くて優しかった。当時先生は24歳で教師2年目。まだまだ慣れ切っていない感じがあった。 
○○先生・・・面倒なんで奈々緒先生って仮名で書く。本名はさすがに出せない。 
奈々緒先生に高2の冬に、一度にコクった。本当に好きだった。悩みに悩んだよ。 
「奈々緒先生、あのさ僕は先生が好きだ!先生が来た時から好きです!!俺と付き合ってください。」 
7歳離れてるし、先生から見れば生徒にコクられても可愛い程度にしか見てなかった。 
軽くあしらわれた。当たり前って思ったが、好きな気持ちは変わらなかった。 
卒業したら、もう一度先生に交際申し込む!って決めてた。 
先生の授業が楽しかった。だから日本史の成績はいつも5!常に満点近い点数だったしね。 
ところが、ある噂が出た。奈々緒先生が男子生徒と交際してるって噂。 
最初は信じてなかった。でも、事実を俺は知ってしまった。 
俺のクラスの奴だった。当人から聞いたから。俺の大親友だった男でさ。 
「マーボー、俺さ奈々緒先生と付き合ってるんだ。苦しいからお前に相談に乗ってもらいたい。」 
俺は驚愕だった。 
「付き合ってるって・・・まじなのか?」 
「ああ。」 
「先生とやったのか?」 
黙って頷いた。 
「いつからだよ・・・」 
「2か月ぐらい前から・・・」 
「ほんとのこと言えよ!おまえ、先生を襲ったんだろ!!」思わず奴の胸ぐら掴んでた。 
「ち!違う!!俺、そんな人間じゃない!!先生が・・・先生が誘ってきた。」 
「!!!!」(俺コクったのに!!そん時言ったよな!!先生と生徒は交際できないって!!なのに・・・なんなんだよ!!先生が生徒誘惑って!!) 
「奈々緒先生がさ、俺が下校するときに車に乗っけてくれたんだ。俺、まずいんじゃないの?って思ったけど。で、夕食食べようって○○市まで言って、ファミレスで食ったんだ。 
そのあと家まで送ってあげるね?って言われて。でも違った。ラブホに先生は俺を連れてったんだ。それが最初だった。」 
もう奴の告白話が耳に入らなかった・・・。愛情が一転、憎しみになってしまった。裏切られたって気持ちだ。 
奴の話では、10数回先生とやったということだった。奴は奴なりに後半は悩んで苦しんだそうだ。絶対にばれる!ばれたら退学処分!奴は京大目指してた。 
でも奴自身はまずいと思いながらも断れなかったって言ってた。まあ、こいつの性格じゃしょうがないとは思ったよ。

翌日の日本史の授業は、奈々緒先生の顔を見るのも声を聞くのも嫌になってた。 
清楚なフリすんじゃねえよ!!って思ったし。徐々に復讐心みたいなのもでてきてしまった。俺は辱しめられた。心から心こめてコクったのに・・・。めっちゃくちゃ恥ずかしかった。俺にとって先生が女神みたいに崇高な存在だったんだよ。あんたは裏切ったんだ!! 
で、事件は1週間後に起きた。いや、俺が起こした。 
俺は偽物の手紙をこっそり奈々緒先生に渡した。 
「先生。あのさ○○から手紙あづかった。先生に渡してくれって。先生・・もしかして、奴と付き合ってるのかなぁ~?」(わざとぶりっ子した) 
「ばかねえ。先生と生徒があるわけないでしょ?あなたの時もちゃんと断ったでしょ?覚えてる?何の手紙かしらね?まあ、生徒からもらうのはこれが初めてじゃないから。わかったわ、わざわざありがとう。」 
一瞬、先生の口元が緩んでかすかに微笑んだ。俺は見逃さなかった。 
(先生、あんたさ、まじだったんだな。先生が生徒をホテル連れ込んでいいのかよ!やつを苦しませるようなことして許されるのかよ!俺になんて言った?俺が必死にコクったとき。奴や俺の気持ちがわかるか?後でな、楽しみにしてな!) 
俺は先生の一瞬の態度で完全に決心した。手紙渡すまでは先生の態度しだいで許そう。俺が黙っていればいいって思ってもいた。 
放課後。時間になった。もう真っ暗。生徒なんか全員いないし、先生もほとんどいない。 
俺は吹奏楽部専用の部屋で奈々緒先生を待った。 
この部屋は騒音で近隣の住宅に迷惑がかからないように校舎から少し離れた場所に立てられた平屋の建物で2重サッシ、壁は完全防音だった。絶対に中の音は漏れない。 
しかも体育館の裏手なので校舎からは死角になってて電気ついてもわからない。 
人が入ってきた。 
「△△くーん。私よぉ・・・待った?ごめんね?さあ、もう誰いないから。先生といつものように楽しもうね?」 
「先生・・・やっぱり本当だったんだ。」 
「え!だ、誰!!」 
「俺だよ!!」部屋の電気つけた。 
「!!!」先生のびっくりした顔・・・こんな顔初めて見た。 
「先生・・・俺に言ったよな?先生が生徒と付き合えるわけないって。」 
先生は沈黙のままだった。 
しばらくして「ご、ごめんなさい。ゆ、許して。だ、誰にも言わないで。」 
「俺を裏切った。奴を苦しめた・・・俺の親友だよ?知ってるよな?」 
コックリ頷いた。 
「な、なんでなんだよ!!」 
「ご、ごめんなさい。でも、真岡君(仮名)には関係ないことよね・・・・」ぼそっとつぶやいた。 
俺、この一言で完全に切れた。切れたというか許せなくなった。 
先生の腕をつかむと床に倒した。 
先生の上に跨って座って、ブラウスの上からおっぱいを揉んだ。両手を足で押さえた。 
「な!何するの!」 
俺は無言で水色のブラウスのボタンを外して、ピンクのしゃれたブラだった。フロントホックだったからむしる感じでホックを外しておっぱいを出した。 
「!!!」先生は声が出せずにひきつった顔で俺を見た。 
おっぱいを揉みまくった。スカートをたくしあげた。 
「や、やめて・・・お願い!お願いよぉ!許して!許して!」 
「だめだね・・・。」 
ピンクのパンティだった。 
ふーん、ここに奴のを何度も入れたんだ・・・気持ち良かったのかよ!え?先生!! 
パンティの上から股間を揉んだ。 
「やめて!やめてぇ!真岡君!お願い!先生が悪かったわ・・・許して許して」 
泣き出した。 
俺は制服のズボンのベルトを外してチャックも降ろした。 
「ヒッ!ま!真岡君!」 
「先生・・・生徒を裏切ったらどうなるかわかるか?」 
先生はブルブル震えながら顔を左右に振ってイヤイヤを繰り返した。 
パンティをむしるように脱がした。先生のオマ○コが丸見えになった。毛深かった。右手でもう一度オマ○コを触って揉んだ・・・濡れてた。 
先生・・・何、濡らしてんだって!!そんなに奴とやりたかったってか?俺が代わりにしてやる!! 
指で入口探した。ズルッ!と指が入った。 
「ヒー!ヒッ!」 
「先生・・・濡れてる・・・なんでだ?」 
ブンブン顔を左右に振り続けてた。 
俺は先生の上に倒れながら、ズボンとパンツを一気に降ろしてチ○コを出した。先生の上にべったり倒れこんで、オマ○コの位置にチ○コがくるよう動いて、先生の両足を抱えた。 
当時俺のはまだ剥けてなかった。半剥け状態だったんだ。この時に剥けた。 
「や・・・やめて・・・お、お願い、お願い。」 
「先生・・・俺、俺は本当に好きだったんだよ?先生のこと。」 
必死に先生は腰を振って逃げようとしてたが、俺が乗っているから動くに動けない。 
元来が大人しい先生だから、生徒に暴力ふるうなんてことできないし、自分が何をしでかしたのか充分わかってたと思う。 
何度かチ○コでオマ○コを突いた。なかなか入らない!!俺童貞だったんだよ、この時は。 
ヌルッ!って感触でチ○コが何かに入った感じがした。同時に俺の亀頭が丸出しになった感触があった。 
「ヤァーーー!」先生が叫ぶとのけぞった。 
オマ○コに入ったのがわかった。一気に腰入れてズブッっと根元まで入った。 
何故かこの瞬間俺は泣いた。復讐なのに、悲しくなってしまった。 
泣いている俺を先生は下から見つめてた。 
「ま・・・真岡君?」 
俺は泣きながら腰動かした。先生のオマ○コを必死に突き上げてた。 
「や・・・やめて・・・やめて・・嫌ッ・・真岡君、許して。許して。」 
先生も泣きながら俺を見上げてた。 
「先生、先生。お、俺・・・好きだ・今もな・・で、でも、でも・・・許さねえ!!」 
先生の両足を抱えなおすと、奥まで何度も突いた。 
時間にしたら短い時間だったはず。 
ズンズン突き上げているうちに射精したくなった。そのまま早く突き上げて最後に根本まで挿入して先生のうえでのけぞった!!射精してしまった! 
その瞬間先生が叫んだ。 
「やめてぇ!!子供できちゃう!!できちゃう!」 
実は先生はこの時危険日だったんだ。それも一番妊娠確実な日だった。 
俺は快感に酔ってた。全部出した。終わってから先生はぐったり。 
俺はまだ許せなくておっぱいにかじりついて、腰振りをまた始めた。 
泣きながら「やめて・・・真岡君・・先生妊娠しちゃう・・・ほんとにやめて。」 
数分で勃起した。 
先生が目を見開いて俺を見た。「真岡君・・ほんとに今日はできちゃう日なの・・・助けて。お願い。お願いよぉーー!」 
俺は無視して腰を動かしてた。1分たってないと思う。2回目を発射した。 
「いやぁぁーーー!」 
再度、先生の中に出し続けて、射精が終わった。俺は息切れしながら先生の上に倒れてた。 
まだチ○コはオマ○コの中奥深く刺さったままだ。 
先生が全力で俺を突き飛ばしてきて、俺は床にひっくり返ってしまった。 
先生は四つん這いになると必死に逃げ出した。 
それ見たら余計に腹が立った。 
「先生!逃げるな!」 
「やめて!やめて!」 
そのまま先生を捕まえて馬乗りになった。 
「お願い!トイレいかせて!子供できちゃうのーーー!」 
「関係ねえ!!」 
俺スカートまくって先生の尻を丸出しにした。オマ○コからタラタラと垂れてくる俺の精液を見た。 
まだだ!まだ許さない!!俺のチ○コがまた勃起してた。見たら亀頭が出てた!!俺の剥けた! 
先生から降りるとケツに回って腰を掴んでチ○コをねじ込んだ。 
「いやぁーーーー!いやーーーー!」根元まで突き入れられて先生はのけぞって叫んだ。 
そして、3回目の発射。 
俺もクタクタだった。先生はばったりうつぶせに倒れて号泣しだした。 
まだチ○コがオマ○コに入ってた。そのまま俺は先生の腰掴んでもう一度バック体制にさせて腰を動かした。 
「もう・・・もう終わりにしてぇ・・・妊娠したらどうするのよぉ!」 
「先生。生徒とやるってことは妊娠してもいいってことなんじゃないのか?違うか?」 
「ち!違うわよ!やめて・・・もうやめよう?・・・子供できたらどうするつもり?」 
「先生・・・知るかよ!先生が悪いんだ!俺の・・・俺の子供産めー!」 
「な!何言ってるの!・・・やめ・・やめ、なさい。」 
俺がガンガン動いたから先生も話せなくなった。 
最後の4発目!出した!また中に全部。 
「ま、真岡君・・・・ひ・・・ひどい・・」また泣き出して床に倒れた。 
「先生・・・。」 
俺はパンツ履いてズボン履いた。 
まだ先生は泣いてた。股間からは精液が垂れていた。 
俺、何も言えなくなってしまった。先生のスカートを降ろして股間を隠した。 
ブラとパンティを拾って、先生の傍に置いた。 
「ま、真岡君・・・」先生は俺を見てた。泣きながら。 
「先生・・・すまない。でも先生に裏切られた俺の気持ちわかる?」 
「・・・ごめんなさい。」 
そのまま俺は先生を置いて。学校から帰った。 
翌日、奈々緒先生は学校に来なかった。 
学校に来たのは3日後だった。 
俺の顔を見ると先生はおびえた目をした。 
そして、2か月後先生は学校を辞めた。 
辞める前日に奈々緒先生は、俺を吹奏楽部の例の部屋に呼び出した。 
辞めることを俺はまだ知らなかった。 
部屋に入ったら先生がいた。 
黙ってた。 
俺も黙ってた。何言えばいいのかわからなかった。 
一言先生が言った言葉が衝撃だった。 
「真岡君の子供できたわよ・・・。気が済んだ?」 
「!!」 
「もうあなたの顔は見たくないの。」 
そして学校を去ってった。 
当時は、俺は自分が悪いとは思わなかった。思えなかったんだ。 
時が立つにつれて、なんて最低最悪なことをしたのかと反省してる。 
復讐なんてしなければ良かったと思ってる。 
今は心底奈々緒先生に謝りたいと思っている。 
会ってもどうしようもないかもしれないが。 
もう、会えない。先生がどこに行ったかは誰も知らないから。








 





コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
PICK UP!
逆アクセスランキング